読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

自分に自信を持て

自信がない人ほど、おかしな方向に向かいやすい。


上手く行かない人の多くは適当にやっています。


なんともったいない!
自ら自分自身の価値を押し下げているのです。



私たちは人間ですので、心の持ち方で環境や行動を変えることができます。





自分がもし優秀で大切にすべき存在であると思えればば、自分の行動や外見に手を抜くことはあり得ない。

かつての私は自分に自身がなかったので、行動は適当だったし、外見も気にせず、外をぶらついていました。

休みの日は家でぐーたらするか、パチンコをやるかなど今思えば、だらしない生活をしていました。

実に情けない話しで、泣きたくなるほど後悔しています。

今思えば、就活も適当でしたね。自分に自信がないですから挑戦はせず、行動量は最低限でした。

当然、適当に決めた会社ですから長続きせず、転職を繰り返しました。

その間、女性関係で金を散財し、ギャンブルでも散財する始末。

こうやって振り返ると、くそなことばかりですが、一つだけ学んだことがあります。

それはこれらの失敗は全て自信の無さから生じたものだということです。

女性関係で金を散財
→自分に自信を持って高める努力をしていれば、きっぱりと別れて余計なお金を使わない。

就活を適当にやる
→自信がないから、人気企業にエントリーしない。
穴場を狙って本当にやりたい仕事に就けない。

ギャンブルで散財
→論外。稼ぐごとに自信がないから短期的収益に意識が傾く

顔がダサい
→これは余計なお世話。

外見がダサい
→髭を反り、服もきちんと手入れすれば見栄えはぐんと良くなる。


自信を持つことで解決できる問題だと気づけたら、物事が上手く進むようになりました。
何よりも心に余裕ができ、客観的に自分を見つめられるようになりました。

自分を大切にしなければならないと思ったのは大きな成長でした。

だからもし、環境を変えたいとか自分を変えたいと思っている人は自分を信じることから始めたらどうでしょうか。

生きる術なんて一つしかありません。自分をどう見るかに尽きます。

自信のある人は行動量が半端ないです。
そういう人が強く見えるのは頭がいいとか生まれもったカリスマ性だと決めつけるのは思考停止に過ぎません。

彼らが水面下でどれくらいばた足をし続けているか考えてみるといいでしょう。

主観的にしか物事を捉えられない人は水面下は見えません。見ようとしないのです。

客観的に見る人は全体像を掴もうとします。当然、ばたつかせている足にも目がいきます。

ムカつく上司がいたら、その人の顔や身体だけを見るのではなく、その上司の背景を見てみましょう。

何でこの人はこんな性格なんだろう?(大抵は苦労人だった可能性が高い。そして弱味がわりとある)

そう考えれば、接している目の前の上司はただの弱い人間に見えます。罵倒したり叱ることで自分の存在意義を維持しようと必死なのです。

相手が弱い人間に見えればあなたは客観的な目を身に付けている事になります。
なぜか?

だって人間は支えがないと一人では生きていけないのですから。



心の持ち方が自分を変える。これは事実です。

しかし、そんな簡単には心は変わりません。

変わる勇気が必要です。

現状に心地よさを感じているほど、変わるのは難しい。

ならば、何も考えず行動することから始めるといいかもしれません。

変わるきっかけは偶然です。

しかし、行動しなければその偶然とは出会えません。

偶然に生きる人生を上手く行きたい❗

私もそう考えながら日々もがいています(笑)