読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

友達の失恋と己の失恋

こんばんは!

受験シーズンも後半戦ですね☺
私立大・国公立大問わず、受験生の皆さん、「必ず受かるんだ!」という気持ちを最後まで持ってください!

そうすれば、本番でどうしたらいいか分からない問題に直面しても、「何とかしよう」という気持ちが沸いてきます。窮地に立ったときに、再び努力しようとする、すなわちセカンドエフォートの差が勝敗を決する!
私はそう思ってます。



さて、今回は受験とは関係ないですが、私の友人からからこんな相談がありました。
恋愛に悩んでいるようです。

「二年間、付き合っていた彼女と別れた。自分はこれまで彼女と別れようと思ったこともないし、いっぱいご馳走したり、楽しいところにも連れてってあげた。二人で過ごしている時間は本当に幸せだった。それなのに、突然、彼女から別れを告げられた。しかも、ラインで一方的に切られた。もう死にたい。」


恋愛というのは人によって考え方が違うと思いますが、私自身失恋というのは本当に辛いものだと思います。友人の気持ちは痛いほどよく分かります。
私も同じような経験がありますから。

でも、こればっかりはすぐに解消される問題ではないんです。

時間が解決してくれるのを待つしかないんです。

ただ、一つ言えることがあります。
これは、あるお坊さんのお言葉ですが、

「あなたの失恋を一番悩ませているのは彼女自身と別れたことではなく、あなた自身が愛されていた、信頼されていた時間が失われたという事実である」



そうなんです。何が悲しいかというと、あなたが大切にされていたという事実があなたの心に残っていて、それが過去へと流れていくことに苦しみを感じているのです。

だから私は友人に言いました。

「お前にとっては大切な女性だったんだろうね。でもさ、もしお前が大切にされずにただ、利用されていたと分かれば、当然怒るよな?つまり、お前がこれから大切なのは彼女が戻ってくるのを無駄に期待するのではなく、自分を大切にしてくれる環境を探すことじゃないかな。」


ずいぶん偉そうですが、これは、私が失恋から立ち直った時の支えになった言葉です。
彼の境遇がすごくよく分かるんです。

でも、忘れようとすればするほど彼女の事を思い出してしまうんです。負のスパイラルに巻き込まれるだけです。

だから、まず我々がやるべきことは2つ。

①彼女との連絡や履歴を一切断ち切る。メールも電話もラインも全て切る。はっきり言って復縁なんて夢物語です。どんなに綺麗事を並べても、結局はあなたを捨てたんです。

②環境を変える。仕事でも住居でも何でもいいから新しい自分をスタートさせる。

この二点が失恋から復活する手段です。


間違いない。自分もそれで立ち直ったような気がする。


辛いのは分かる。でも、辛いと感じるのは生きている証。前の記事にも書きましたが、命は本当に奇跡的存在なのです。
その証を痛感できるのが「悲しい・辛い・苦しい」という感情ではないでしょうか。

傷付かずに恋愛は出来ません。私は失恋で自殺したくなりましたが、今は命を全うしようと考えています。

失恋して苦しい方へ。
苦しい時こそ環境を変えましょう。

あなたの可能性はそこにあるのです。



。。。。とまあ、今回も偉そうに書いてすみません私の備忘録ですので、お許しを‼